シミは老化の象徴とも言われており、女性にとっては天敵と言えます。シミの原因として代表的なのは、紫外線によって起きる色素沈着です。紫外線から肌を守るためにメラニン色素が集まって色が黒くなりますが、そのメラニン色素がたまった状態を日焼けといい、その日焼けがシミの原因と言われています。若い頃は皮膚細胞の再生が正常に行われるので、すぐに肌は元に戻りますが、部分的に肌の再生が正常に行われないと、その部分だけが黒く残ってしまいます。そして、老化によって肌の再生も衰えてきますから、加齢に伴ってシミが出来るリスクが高まっていくのです。昔はファンデーションで隠すしか無かったシミですが、現在ではレーザー治療によってシミを取ることが出来ると言われています。シミのレーザー治療を行なっているのは、皮膚科や美容整形外科です。ただ、レーザー治療だけで完全にシミを治せるわけではなく、その後のケアも必要とされており、人によっては痛みを感じるようです。一般的には、レーザー治療以外に美白剤などの外用薬・内服薬などを併行して行うことが多いでしょう。シミの大きさや数などの程度にもよりますが、しばらくは化粧を控えたり、肌に刺激を与えないようにする必要もあります。また、ごく稀に、やけどや感染症が起きる場合もあると言われています。レーザー治療を受ける場合には、信頼できるクリニックを厳選し、事前に医師とよく相談することをお勧めします。また、シミ取りは保険診療の対象にはなりませんから、お金もかかりますー